September 19, 2013

シカゴ時代お世話になった楽器屋さんのフロント
たくさんのアーティストの方々の写真とメッセージ

奥にある真っ赤な壁の小さなサロン(写真下)では
リハーサルやマスタークラスをさせて頂いたりして
飾られている絵画の一つが
恩師であるザハール・ブロン氏に
なんとなく似ている気がして
いつもピリッと身が引き締まる思いだった

私が初めてこの楽器屋さんを訪れた時
ヴァイオリンドクターに
「パジャマでこの辺を歩いているヴァイオリンのすごい子が最近来た、という話を噂を聞いていたけど、それは君のことだったんだね!」と
笑って言われたのを今も覚えている
きっとヴァイオリンではなくパジャマのすごい子だったのだろう… 

当時私は、大学と中でつながっている寮に住んでいて
家と大学という区別も全くなく
またこの楽器屋さんも大学の隣に位置していたので
パジャマにしていた、お猿さんのついた何ともダサすぎる
某アーティストのツアーTシャツをほぼ毎日のように着ていて
当時組んでいたクァルテットのリハーサルにも
毎度のようにそのTシャツを着て行っており
「君は猿が大好きなんだね。」とメンバーによく言われていた
特に猿が大好きだったわけではもちろんなく笑
きちんと身なりを気にするような気持ちの余裕も時間も
単純にほんとうになかったんだなぁと思う

そんな当時の私は、こんな素敵な空間へも
そんなお猿のついたパジャマで来てしまっていたんだなぁと
髪振り乱して生きていた頃の自分への想いと少しの恥ずかしさに
なんとなく歯がゆい思いがする
Bein & Fushi Inc. @ Fine Arts Building